消滅してしまった総量規制対象外のキャッシング

総量規制対象外のキャッシングは、昨年まで存在していました。これが銀行のカードローンが該当する融資です。

この融資は、総量規制の対象となっていない融資になるので、利用する人が多く年収によっては簡単に融資を受けることができる魅力ある商品として多くの人が利用してきました。

しかし、複数の銀行から同じ融資を受けることで返済額が増大していき自己破産を行う人が増えてきました。この問題により銀行の借り入れについても条件によっては総量規制の対象となる融資になりました。
このため総量規制の対象とならない融資は登場していません。  

金融機関で利用するキャッシングについては、一般的に使用目的がなくいつでも自由に利用できる融資になっていましたが、総量規制の対象となることで年収の3分の1を超える融資を受けることができなくなりました。

総量規制で年収の3分の1を超えていなければ融資を受けることができますが年収の3分の1を超えている場合には融資を受けることができないです。  

利用目的を自由に決めることができる借り入れは総量規制の対象となっているものばかりなりましたが、借り換えや現在の融資を一本化するためのカードローンの借り入れは総量規制の対象となっていないものがあります。

しかし、利用する目的が決定しているので自由に利用できる融資とは異なるものです。そのため現在では目的が決定されているカードローンの借り換えでなければ総量規制の対象となってしまう借り入ればかりなりました。  

今後総量規制の対象となる融資を受けることになるので、借り過ぎや年収の3分の1に応じた範囲内で融資を受ける事しか出来ないです。この処置を行う事は、自己破産を行う人を増やさないように行う処置になります。

現在利用できるカードローンで自由な目的で利用できるものであっても、審査の見直しの対象となった場合には、利用できないカードローンになってしまうことがあります。これは総量規制を導入した銀行などの金融機関では当たり前のように行われていく対応となります。

この総量規制の問題をクリアするためには、融資を受ける条件を変更させることも必要です。無担保の融資ではなく担保権のある不動産やその他の資産を提供して融資を受けることになります。

しかし、使用目的が限定されてしまうので、融資を受けるときにどれだけ自由に利用できる目的で融資を受けることができるか検討する必要があります。まずは現在契約している融資について無担保の場合には確認や見直しをする必要があります。

キャッシングの審査について確認しておくべき事

point

金融機関からキャッシングをする場合には金融機関の審査にパスする必要があります。審査が無い金融機関は絶対に存在しませんので、その点はしっかりと理解しておくことが必要です

審査と言っても一般の方であればどなたでもパスするものですので、審査に対して必要以上に神経質になる必要はありませんが、これまでに金融関係のトラブルを起こしてしまっているような方の場合には審査に通るのが不可能になってしまいます。

いわゆるブラックリストに載っている状態ですと、100%審査に落ちてしまうことになります。

例えば債務整理を行ってしまった経歴がある方ですとキャッシングの審査に通りませんので、借入をする際には計画的にそれを行って必ず返済をすることが必要になります。

お金を借りるということは返済をするという義務が発生してくるということを理解しておくことが必要なのです。ブラックリストに載っている間はクレジットカードを作ることもできなくなってしまいますし、分割での支払いも不可能になってしまいます。

現金での生活を余儀なくされますので非常に窮屈な生活を強いられることになります。もっとも永久にブラックリストに載っているということではありません。

一定の期間が経過すれば、以前のように審査にパスすることができるようになります。その間は更生機関だと考えてしっかりとお金を計画的に使って行く練習をしていくことが求められると考えておくようにするといいでしょう。

また、ブラックリストの載っていないような場合でも、総量規制に牴触する場合には審査に通ることはできなくなってしまいます

総量規制のルールは自分の年収の3分の1以上の借入をすることができないというものですので、それに該当する場合には法律違反になってしまいますので、金融機関はお金を貸すことはしません。

しかしながら、総量規制の範囲であれば必ずお金を返せるという目安ではありません。総量規制の限度いっぱいまでお金を借りてしまうとお金を返すことができなくなってしまうことも考えられます。

お金を借りる際には返済プランを確認してみて、絶対に返せるかどうかきちんと検討して見るようにすることが必要です。

返せないような借入をしてしまうと非常に苦しい生活を余儀なくされることになってしまって場合によっては債務整理をすることになってしまうかもしれませんので要注意です。

キャッシングローンの選び方

kirakira

キャッシングローンを行うことができる消費者金融は非常に多くの種類がありますが、どのような基準でそれを選ぶようにするのがいいのでしょうか?

一番お勧めなのは利息が少ないキャッシングローンであることです。

もちろん金融機関は法定金利以上の金利でお金を貸すことはできなのですが、それよりもできるだけ低い金利を設定している消費者金融を選ぶようにすると返済の負担を大幅に減らすことが可能になりますので、おすすめです。

また、初回限定で一定の期間であれば、無利息でお金を貸してくれる消費者金融も存在していますので、その活用を該当するのであれば検討して見てもいいでしょう。

しかしながら、消費者金融間で借り入れの限度額が異なっていますので、出来るだけたくさんのお金を借りたいという場合には限度額の大きな消費者金融を選ぶ様にしてみてもいいでしょう。

もちろんたくさんのお金を借りてしまうと、言うまでもありませんが返済の負担は利子も含めて非常に大きなものになってしまいますので、その点は理解しておくようにすることが必要になります。

更には、いくら大量の借入を希望していたとしても総量規制のルールがありますので自分の年収の3分の1以上のお金を借り入れることは絶対にできませんので、総量規制の範囲内でお金を借り入れることを考えなくてはなりません。

総量規制を無視してお金を貸してくれるようなケースに遭遇してしまったら、正規の金融機関ではない場合もありますので注意が必要です。法定金利を無視した貸し付けを行って違法な取り立てを行ってくるようなケースも出て来ます。

非常に危険な思いをすることになりますし、警察に相談することも必要になってしまいますので絶対に引っかからないようにすることが必要です。

また、複数の金融機関からお金を借りている場合には新たな借入をする際に金融機関の審査に通りにくくなってしまうことが起きてしまいます。このような状態を回避するためにおまとめタイプのキャッシングローンを用意している金融機関も存在しています。

複数の借入を一つにまとめてしまうと、審査に通りやすくなりますし、借入お金の管理がしやすくなりますので非常に便利です。更には、返済の総額も減らすことが可能になりますので非常にべんりです。

また、毎月の返済回数も1回になりますので、返済の煩雑さを大幅に解消することも可能になりますので便利です。

今すぐ現金が必要な経営者の皆様へ

money

手持ちの預貯金ではやりくりがつかず、外部からの現金調達が急務となる場面の緊張感と不安感は、1度でもそのような体験をお持ちの方にとっては、決して忘れられないに違いありません。

たとえば個人事業主を含めた経営者の方であれば、取引先からの未入金など、自身には責任がない理由で資金繰りに窮してしまう、理不尽なリスクが避けられません。

経済社会はこうした事情に対し、一切の温情は見あたらず、当事者が自力でその場を凌ぐしか、選択肢が存在しないのが現実です。

それなりの取引実績がある銀行などの金融機関に、追加の融資を相談する方法もありますが、これでは時間的に到底間に合いません。

こうした場面で最優先すべ今日中」「今すぐ」という時間制限に対しては、それまでの信頼関係は、残念ながら力強い後ろ盾とは限りません。

知人や友人を頼る時間も見当たらず、残り数時間というカウントダウンが進む中、居ながらにして確実に現金調達が可能な方法を見つけ出し、速やかに活用する即断と対応が求められます。

こうした諸条件をクリアする融資サービスとして、消費者金融のキャッシングサービスの活用が見過ごせません。

手元のパソコンやスマホからの借入申請から、スピーディーな審査を経て、指定口座に即日送金対応と、窮地を凌ぐ最後の砦的なサービスです。

多くの経営者の方であれば、既に消費者金融からの借入実績と、手元に専用のキャッシングカードをお持ちでしょう。既会員であれば、新規申込時の審査も不要ですので、利用可能限度額の範囲内で、すぐに借入が可能です。

こうした有事を想定から、奥の手として複数枚のキャッシングカードに対し、利用可能限度枠を十分に確保してあれば、それが間接的な「保険」の役割を果たしてくれます

今すぐ現金が必要な場面では、自社の預貯金すなわち現金と同じ感覚で、必要な部分への補填が可能です。

ただし借入には利息が生じ、契約上の期日内の返済義務が避けられず、結果的に新たな負債を作る行為であるのも事実です。

事業に関する急ぎの現金調達は、相応の金額となる場合が想定され、返済を含めた経営手腕が問われるのも、キャッシングサービスを用いた資金補充のリスクのひとつです。

急場を凌ぐことが最優先される以上、この方法の選択を余儀なく迫られますが、同時に返済を含めた中長期的なビジョンの見直しなど、付随して行うべき作業が見過ごせません。

消費者金融の即日融資利用に際して

私たちにとって、手軽に現金の調達が可能なサービスとして、消費者金融が提供するキャッシングサービスは、なくてはならない存在と表現しても、過言ではないでしょう。

数多くの業者がそれぞれ、自社のサービスの独自のメリットを謳い、利用する側としては選択に迷ってしまうほど、バリエーションに富んだ融資サービスが提供されています。

たとえばアルバイトやパートであったとしても、定収入があれば利用可能な「学生ローン」「主婦向きローン」など、利用者層は着実に拡大傾向を見せ続けています。

あるいは新規利用者に関し、一定期間内に全額返済すれば金利ゼロなど、自身の預貯金口座から現金を出し入れする感覚で、キャッシングできてしまう融資もまた、人気を博しています。

街中の至る場所や、スマホの画面内の広告配信など、キャッシングに関する情報が次々の目に飛び込んでくうr環境に、私たちはすでに慣れきっているのも事実でしょう。

こうした市場の現状の一方で、実際にこれらのサービスを利用する側の事情は、十人十色です。学費や養育費、あるいは事業の運転資金など、中長期的なライフプランを見据え、計画的に活用されている方々ばかりが、エンドユーザーではないのが現状です。

予期せぬ何らかのアクシデントから、今すぐまとまった現金を準備しなければならない、いわゆる金銭的窮地に置かれてしまい、キャッシングサービスを命綱とされる方々も、潜在的に少なくありません。

このようなケースの最重要ポイントとして、即日融資すなわち「今日中にお金を確実に貸してもらえるかどうか」があげられます。

経営者が資金繰りに窮してしまい、ワンポイントの補填としてまとまった現金を投入する場合、不渡りを出してしまう直前、すなわち当日午後3時までに、所定の口座に着金がなければアウトです。

親族に急な不幸が生じ、大急ぎで駆けつけなければならない場合も、諸費用を余裕を持って携えておく必要が生じます。

こうした「時が待ってくれない」状況で、最も迅速確実に現金を用立てられる融資、それがキャッシングサービスなのです。

ここで見落としてはならないのが、金融機関の営業日と営業時間との兼ね合いです。どれだけ速やかに送金処理が為されたとしても、銀行や郵便局の営業時間外だった場合、着金反映から出金が可能となるのは、最速でも翌日以降です。

特に急ぎの場面では、このシンプルな落とし穴を見過ごしてしまうリスクが想定されます。

「スピード対応」はあくまで、消費者金融業者側の対応であり、利用者が現金を引き出す、あるいは振り替えるのは、自身の口座であるシステムを、常に正しく理解しておかねばなりません。

消費者金融の利息を知って賢く借りる

8470-546x546

カードローンを金融機関以外の会社でキャッシングを検討している人やすでに利用している人にとって知らなければいけないのが、返済する的に一緒に支払う利息のことです。

消費者金融に支払う利率について理解しているとお金を借りる相手先を選ぶことも必要な条件だとわかります。

法律上の金利については、現在、貸金規正法の改正により上限が20%となる利息制限法が採用されています。この利率は、上限が決められていますが、最低の利率の取り決めは行われておりません。

そのため金融会社によって最低の利率を決めることができます。金融機関等によっては、この利率の設定が異なることでどこで借りることができればお得に利用できるか決定できるものです。  

利率に関しては、融資を行う人によって変動していくものです。これはどのような金融機関でも同じなので、借り入れをする人の資産状況で変動するものです。

多くの資産を所有しており年収も多い人になると、キャッシングのカードローンを利用する場合でも限度額が高く設定されます。これは、貸金規正法の総量規制により設けられている限度額があるからです。この限度額の違いにより利率も変動していきます。

返済する資力を多く持っている人であっても毎年得られる収入により限度額が採用されてしまいます。過去の収入を判断するのではなく将来的な収入の判断によりお金を借りることができる限度額が決定していきます。

利用する人によって変動する利率ですが、法律に従った利率を利用していなければ健全な業者だとは言えません。この利率の設定については、大手の会社になると独自の利率を設けていますがある程度同じような利率で、お金を借りることができるようになっています。

横並びのような利率になっていますが、大手の会社によっては無利息期間のサービスを設けることで他社よりも差別化を図っております。この差別化によりより利率が低くなる期間があるので、銀行系の金融機関以外でも需要があります。  

多額の融資を受ける場合にはそれなりに返済期間も長く毎月の返済額も大きくなります。しかし、利率は反対に小さくなっていきます。

そのため信用調査の結果より信用のある人になると限度額が高くなるだけでなく利率についても安くなることで、長期的な返済がお得な方法となります。

独自の利率の設定を行っている会社もいますが、同じような会社の利率と同じなので、その他のサービスを充実することが、人気のある金融機関として利用されていくことになります。