今すぐ現金が必要な経営者の皆様へ

money

手持ちの預貯金ではやりくりがつかず、外部からの現金調達が急務となる場面の緊張感と不安感は、1度でもそのような体験をお持ちの方にとっては、決して忘れられないに違いありません。

たとえば個人事業主を含めた経営者の方であれば、取引先からの未入金など、自身には責任がない理由で資金繰りに窮してしまう、理不尽なリスクが避けられません。

経済社会はこうした事情に対し、一切の温情は見あたらず、当事者が自力でその場を凌ぐしか、選択肢が存在しないのが現実です。

それなりの取引実績がある銀行などの金融機関に、追加の融資を相談する方法もありますが、これでは時間的に到底間に合いません。

こうした場面で最優先すべ今日中」「今すぐ」という時間制限に対しては、それまでの信頼関係は、残念ながら力強い後ろ盾とは限りません。

知人や友人を頼る時間も見当たらず、残り数時間というカウントダウンが進む中、居ながらにして確実に現金調達が可能な方法を見つけ出し、速やかに活用する即断と対応が求められます。

こうした諸条件をクリアする融資サービスとして、消費者金融のキャッシングサービスの活用が見過ごせません。

手元のパソコンやスマホからの借入申請から、スピーディーな審査を経て、指定口座に即日送金対応と、窮地を凌ぐ最後の砦的なサービスです。

多くの経営者の方であれば、既に消費者金融からの借入実績と、手元に専用のキャッシングカードをお持ちでしょう。既会員であれば、新規申込時の審査も不要ですので、利用可能限度額の範囲内で、すぐに借入が可能です。

こうした有事を想定から、奥の手として複数枚のキャッシングカードに対し、利用可能限度枠を十分に確保してあれば、それが間接的な「保険」の役割を果たしてくれます

今すぐ現金が必要な場面では、自社の預貯金すなわち現金と同じ感覚で、必要な部分への補填が可能です。

ただし借入には利息が生じ、契約上の期日内の返済義務が避けられず、結果的に新たな負債を作る行為であるのも事実です。

事業に関する急ぎの現金調達は、相応の金額となる場合が想定され、返済を含めた経営手腕が問われるのも、キャッシングサービスを用いた資金補充のリスクのひとつです。

急場を凌ぐことが最優先される以上、この方法の選択を余儀なく迫られますが、同時に返済を含めた中長期的なビジョンの見直しなど、付随して行うべき作業が見過ごせません。