消費者金融の利息を知って賢く借りる

8470-546x546

カードローンを金融機関以外の会社でキャッシングを検討している人やすでに利用している人にとって知らなければいけないのが、返済する的に一緒に支払う利息のことです。

消費者金融に支払う利率について理解しているとお金を借りる相手先を選ぶことも必要な条件だとわかります。

法律上の金利については、現在、貸金規正法の改正により上限が20%となる利息制限法が採用されています。この利率は、上限が決められていますが、最低の利率の取り決めは行われておりません。

そのため金融会社によって最低の利率を決めることができます。金融機関等によっては、この利率の設定が異なることでどこで借りることができればお得に利用できるか決定できるものです。  

利率に関しては、融資を行う人によって変動していくものです。これはどのような金融機関でも同じなので、借り入れをする人の資産状況で変動するものです。

多くの資産を所有しており年収も多い人になると、キャッシングのカードローンを利用する場合でも限度額が高く設定されます。これは、貸金規正法の総量規制により設けられている限度額があるからです。この限度額の違いにより利率も変動していきます。

返済する資力を多く持っている人であっても毎年得られる収入により限度額が採用されてしまいます。過去の収入を判断するのではなく将来的な収入の判断によりお金を借りることができる限度額が決定していきます。

利用する人によって変動する利率ですが、法律に従った利率を利用していなければ健全な業者だとは言えません。この利率の設定については、大手の会社になると独自の利率を設けていますがある程度同じような利率で、お金を借りることができるようになっています。

横並びのような利率になっていますが、大手の会社によっては無利息期間のサービスを設けることで他社よりも差別化を図っております。この差別化によりより利率が低くなる期間があるので、銀行系の金融機関以外でも需要があります。  

多額の融資を受ける場合にはそれなりに返済期間も長く毎月の返済額も大きくなります。しかし、利率は反対に小さくなっていきます。

そのため信用調査の結果より信用のある人になると限度額が高くなるだけでなく利率についても安くなることで、長期的な返済がお得な方法となります。

独自の利率の設定を行っている会社もいますが、同じような会社の利率と同じなので、その他のサービスを充実することが、人気のある金融機関として利用されていくことになります。