消滅してしまった総量規制対象外のキャッシング

総量規制対象外のキャッシングは、昨年まで存在していました。これが銀行のカードローンが該当する融資です。

この融資は、総量規制の対象となっていない融資になるので、利用する人が多く年収によっては簡単に融資を受けることができる魅力ある商品として多くの人が利用してきました。

しかし、複数の銀行から同じ融資を受けることで返済額が増大していき自己破産を行う人が増えてきました。この問題により銀行の借り入れについても条件によっては総量規制の対象となる融資になりました。
このため総量規制の対象とならない融資は登場していません。  

金融機関で利用するキャッシングについては、一般的に使用目的がなくいつでも自由に利用できる融資になっていましたが、総量規制の対象となることで年収の3分の1を超える融資を受けることができなくなりました。

総量規制で年収の3分の1を超えていなければ融資を受けることができますが年収の3分の1を超えている場合には融資を受けることができないです。  

利用目的を自由に決めることができる借り入れは総量規制の対象となっているものばかりなりましたが、借り換えや現在の融資を一本化するためのカードローンの借り入れは総量規制の対象となっていないものがあります。

しかし、利用する目的が決定しているので自由に利用できる融資とは異なるものです。そのため現在では目的が決定されているカードローンの借り換えでなければ総量規制の対象となってしまう借り入ればかりなりました。  

今後総量規制の対象となる融資を受けることになるので、借り過ぎや年収の3分の1に応じた範囲内で融資を受ける事しか出来ないです。この処置を行う事は、自己破産を行う人を増やさないように行う処置になります。

現在利用できるカードローンで自由な目的で利用できるものであっても、審査の見直しの対象となった場合には、利用できないカードローンになってしまうことがあります。これは総量規制を導入した銀行などの金融機関では当たり前のように行われていく対応となります。

この総量規制の問題をクリアするためには、融資を受ける条件を変更させることも必要です。無担保の融資ではなく担保権のある不動産やその他の資産を提供して融資を受けることになります。

しかし、使用目的が限定されてしまうので、融資を受けるときにどれだけ自由に利用できる目的で融資を受けることができるか検討する必要があります。まずは現在契約している融資について無担保の場合には確認や見直しをする必要があります。